特集

カテゴリ

[マカイバリジャパン]有機ダージリン紅茶 最高級茶葉ティーパック 10P入

最高級茶葉を贅沢に使用した「マスカテル ティーバッグ」
一年のうちで最もエネルギッシュな茶葉が収穫される夏摘み紅茶・セカンドフラッシュ。
ウンカの一種であるグリーンフライが茶畑に飛来し、茶葉をかじった部分が自然発酵をおこすことによって、最も良質な紅茶を作られます。
特別に限られた茶畑の一芯二葉(最上部の新芽とその下の2枚の葉)を丁寧に手摘みし、伝統的技術によって作られれる「ヴィンテージ」。
その芳醇で華やかな香りからセカンドフラッシュ「ヴィンテージ」は特別に「ヴィンテージ・マスカテル」とよばれ、マカイバリ茶園の名を世界に有名にしたほど。
この「ヴィンテージ・マスカテル」を贅沢にもティーバッグにしました。
テトラタイプですので、茶葉がジャンピングし、本格的にマカイバリのティータイムをお楽しみ頂けます。

販売価格:¥1,026(税込)

 [NH000127]

原材料名 有機茶
内容量 10P入
賞味期限 出荷日時点で期限まで87日以上
保存方法 直射日光、高温多湿を避け常温で保存(開栓後はお早めにお召し上がり下さい。)
販売者 マカイバリジャパン(東京都中野区)
配送方法 常温(同梱商品によりクール冷蔵便)
表示名1 表示名2 表示名3 在庫状況  
在庫数量:15


商品詳細


マカイバリ茶園は1840年代からイギリス人により創業された、ダージリン地方で最も長い歴史を持つ茶園の一つです。1856年、商業目的としてダージリンで最初に紅茶農園を始めたイギリス人・サムラー大尉によって始められたマカイバリ茶園は、1857年にG.C.バナジー氏に営業権が譲渡され、同年に製茶工場設立、1859年にはマカイバリ茶園(Makaibari Tea Estates)の名が正式登録されました。以後、現4代目茶園主S.K.バナジー氏に至るまで、バナジー家が茶園の人々と一緒に生活し、茶園経営を行っています

マカイバリ茶園はダージリンでも大変ユニークな茶園として知られています。40年以上にわたり、農薬や化学肥料を一切使用せず茶栽培を行うだけでなく、世界の紅茶農園としては初めて、すべての茶畑(約270ヘクタール)において、月の満ち欠けや調合材を使う「シュタイナーのバイオダイナミック農法」を採り入れた紅茶農園です。太陽、水、空気、土、動植物すべてが関連・調和しあった環境の中で有機栽培による茶栽培が行なわれています。1993年にはバイオダイナミック認定団体デメター(Demeter)より、バイオダイナミック農法認定を取得、以来毎年更新しています。また、2001年2月17日には、海外から日本に輸入される紅茶として第1号の改正農林規格(JAS法)に基づく有機認定を取得、以来毎年更新しています。

約1,700人のコミュニティー(茶園主は従業員とは呼ばず、コミュニティーと言う言葉を使います)の人々と共に、茶園を守り続ける4代目茶園主は、ダージリンでは唯一、茶園主が自ら茶園に住み、人々と共に茶作りを行う茶園主なのです。彼のたぐいまれなる茶園経営はインド国内のみならず、世界中から注目を浴び、毎年環境保全団体やNGO、そして国連機関が茶園を視察に訪れています。

このようなユニークな環境で育てられたマカイバリ紅茶は、1996年に米国紅茶マスターズ協会において「夏摘み紅茶シルバーティップス」が歴代世界最高値を記録、2003年にはコルカタ(旧カルカッタ=インド)で行われたティーオークションで「シルバーニードルズ」が歴代世界最高値を記録しました。名実ともに世界の最高峰となったマカイバリ茶園のダージリン紅茶を、どうぞお楽しみください。


最近チェックした商品